吉田松陰の花押(サイン) 吉田松陰.com

松下村塾門下生について

201026日(土) 山口県内<先行>ロードショー!!
20104月、有楽町スバル座ほか、全国ロードショー!!


映画「獄に咲く花」公式サイト

映画「獄に咲く花」予告編!




 (C)2010「獄に咲く花」製作委員会


(上):高須久を演じる近衛はな。
(C)2010「獄に咲く花」製作委員会


(上):吉田松陰を演じる前田倫良。
(C)2010「獄に咲く花」製作委員会

 原作は直木賞作家・古川薫の「野山獄相聞抄」
(C)2010「獄に咲く花」製作委員会


 (C)2010「獄に咲く花」製作委員会

映画「獄(ひとや)に咲く花」


【作品について】


安政元年(一八五四年)長州、萩。「野山獄」にひとりの男が護送されてきた。生きて出られた者は誰一人いないこの牢獄に、希望を与え、その後の日本を切り拓いた男。彼の名は、吉田寅次郎。“幕末”は、この男からはじまった。

幕末―新しい世に突き進む激動の時代。

260年の太平を築いた江戸幕府の終焉は、1853年の黒船来航から始まる。変革への大きな役割は、長州・薩摩・土佐などの雄藩と呼ばれる地方の勢力が担った。中でも長州。萩に藩庁を置くこの藩からは、伊藤博文、山縣有朋、木戸孝允、品川弥二郎ら維新政府の指導者を数多く輩出し、その後も脈々と、国家の礎となるスケールの大きな人物を生み出した。

何故、一時期にこんなにも優秀な人材が長州藩から生まれたのか?その答えは、一人の男の存在を抜きには語りえない。その男の名は、吉田松陰。藩の兵学師範の家筋に生まれ、10歳の時に藩主毛利敬親の御前講義を務めた俊英。私塾「松下村塾」を開き、多くの才能を見出し育んだ稀代の思想家、教育者。国を思い、故郷を思い、人を思ったこの偉人は、その思いも半ば、安政の大獄によって刑に処され、わずか30歳でその生涯を終える。

本作では、その短い生涯の中の一場面、藩の牢獄「野山獄」に収監されていた頃の日々を、同じく時代が故の罪状で収監されていた女囚、高須 久の目を通して描かれる。海外渡航を企てるという途方もない大罪を犯し、故郷の獄へ送られてきた彼は、それでも自らの理想を信じ、日々を無為にするのではなく、学び精進し、人と関わり続けた。

「我らは皆、磨けば光る原石であります」

「大切なのは、あなたが今何をしているか、これから何をするのかが大事なのであって、過去にあるものではありませんよ」

その姿は、長く囚われの身となり希望を失った獄中の人々の、凝り固まった心を少しずつ溶かしていく。それはあたかも、野山獄の片隅で可憐な花を匂わせる樗(おうち:栴檀(せんだん)の古名)のごとく、であった。

清廉で一途で、常に人を愛して止まなかった吉田松陰。生涯、独身を貫きその思想に殉じた彼の秘史、久とのただ唯一の恋慕の情景は、淡きがゆえ美しく、儚きがゆえ力強く、観る者の胸を強く揺さぶる。


高須久を演じる近衛はな

主人公:高須久を演じるのは、注目の新進女優、近衛はな。父に目黒祐樹、母に江夏夕子、叔父に松方弘樹を持つ芸能一家に生まれ、脚本家としてはNHKドラマスペシャル「白洲次郎」シリーズを手がけるなど多彩な活躍を見せる彼女は、本作が映画初主演。また本作では、父、目黒祐樹との初共演も果たしている。

吉田松陰を演じる前田倫良

吉田松陰を演じるのは、男優のみで構成され「トーマの心臓」「ベニスに死す」等の演目で絶大な人気を誇る劇団スタジオライフの前田倫良。前作『長州ファイブ』での遠藤謹助役に続いて、故郷の英雄という大役を演じる。そのほか、神山繁、赤座美代子、池内万作、勝村政信、本田博太郎ら経験豊富な名優陣が脇を固める。


原作は、下関出身の直木賞受賞作家古川薫の「野山獄相聞抄」(文藝春秋社刊)。2009年6月、監督は、映画『必殺始末人』(97)『必殺!三味線屋・勇次』(99)やTVシリーズ「必殺仕事人2007」「必殺仕事人2009」、「鬼平犯科帳」、「剣客商売」などの石原興(しげる)。『長州ファイブ』(06)のグローカル・ピクチャーズ製作第2弾作品。

上映時間:1時間34
公開年:2010年/製作国:日本/上映時間:1時間34
配給:Thanks Lab
製作:グロ-カル・ピクチャ―ズ/「獄に咲く花」製作委員会/松竹京都撮影所
助成:文化芸術振興費補助金

●宣伝・配給:Thanks Lab
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-5 共栄ビル2F
TEL03-6805-0310 FAX03-5464-2529

●配給協力:シナジー
104-0061 東京都中央区銀座1-14-6 スポニチ銀座ビル3F
TEL03-5159-0861 FAX03-5159-0860

●チケット販売に関して:グローカル・ピクチャーズ
750-0093 山口県下関市彦島西山町5丁目11
Tel/Fax083-242-5210
メールアドレス:noboru@maeda.ne.jp



© 2010「獄に咲く花」製作委員会


吉田松陰.comトップページへ
吉田松陰.comトップページへ